読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会話はできる。でもそれだけでは彼女はできません。

f:id:kddt13:20170429135738j:plain

https://papimami.jp/7932

 

こんにちは!前回記事を読んでくださったあなたは、

少しずつ女性との会話に慣れていっていいることと思います。

こうして会話が続くようになれば、日常で会話をかわすなど、

女友達をつくることはできるようになります。

 

しかし、「女の子と話せた!」と満足しているだけでは、

男女の関係に発展させることはできません。 

女友達のままで終わってしまうでしょう。

 

こういうタイプの人は実は少なくないんです。

あなたの周りにも、女性との会話は苦ではないけど、

なかなか彼女ができない・・・そんな人がいるんじゃないでしょうか。

深い会話ができず、友達以上になれないことが原因です。

 

ここはひとつ、女性の懐に踏み込んでみましょう。

愚痴を聞く」という方法が比較的手軽なのではないかと思います。

人間は愚痴を聞いてもらえると、気持ちがすっきりするだけでなく、

聴いてくれた相手に安心感や親近感を覚えます。

 

大学の悩み、アルバイトやサークルの悩み、進路の悩み・・・

大学生の悩みは多岐に渡ります。

相手が少しでも悩みを口にしてくれたらチャンス。

「自分でよければ聴くよ。」といって聞き役に徹しましょう。

 

ただ、愚痴はデジタル大辞泉にもあるように、

ぐ‐ち【愚痴/愚×癡】 の意味

 
  1. [名]言ってもしかたのないことを言って嘆くこと。「くどくど―を並べる」

人に「言っても仕方のないこと」と考える人も少なくないです。

そんな時は、愚痴を引き出せるようになるとベストです。

 

「最近、忙しそうだね?」「もしかして疲れてるんじゃない?」

と聴けば、心当たりのある女性は多いはずです。

愚痴は本来「言っても仕方のないこと」だからこそ、

それを話せる相手とは信頼関係が築けるのです。

 

ただし、女性は共感を求める生き物。上から目線の説教や

アドバイスは絶対にやめましょう。

そしてもちろん、相手と日常会話ができるようになることが前提です!

タイミングを見計らって、女性から愚痴を聞き出してみましょう。